2017年11月20日

寸又峡プロムナードコースのご案内

夢の吊橋⑤

①夢の吊橋を渡ると急な登り階段(304段)が

続きます。

 

日中、夢の吊橋は一方通行となり、この急階段

を登って飛龍橋を渡り、温泉街へ戻ります。

 

②安全確保の為、現在、急階段を朝8時30分~

夕方5時のみ通行可能としています。

 

この時間帯以外は夢の吊橋を渡った先を折り返す

ご案内しています。

 

③夢の吊橋を渡る為に昼前後~夕刻まで、場合に

より60分~180分以上の待ち時間が発生します。

 

ゆとりを持って散策して頂くには早朝から午前中

がオススメです。

また、待ち時間を避け、飛龍橋方面へ直進すると

寸又渓谷全体が一望できます。

 

プロムナードコースには外灯が無く、日没後は

漆黒の闇となり、大変危険です。

以上の点をご理解頂き、散策をお楽しみ下さい。